セミナーの受け方教えます!

セミナーを受ける男性
メニュー
春TOP 
春オープンセミナー 
春セミナーを活用する 
春企業の情報 
春会社セミナー 
春セミナーに参加する 
春企業セミナー種類 
春WEBセミナー 
春得られるものを増やす 
春メモの取り方 
企業セミナーの種類
多くの企業でセミナーが行われています。
自己分析やスキルアップをテーマにしたもの
仕事を体感出来るものなど
その種類やアプローチの方法も様々です。
就職活動で利用されている主な企業セミナーのタイプを紹介します。

■自己分析対策型セミナー■
学生の自己分析や就職活動を支援するタイプのセミナー。
このタイプのセミナーでは選考や内定に繋がる事はほとんどありません。

■仕事体感型セミナー■
実際の会社の仕事を体感できるセミナー。
仕事体感型セミナーには大きく分けて
ゲーム型とケーススタディー型の2つのタイプがあります。
ゲーム型は、カードゲームやボードゲームの形式で
論理的思考や交渉力を問う内容になっている事が多い。
ケーススタディー型は、
資料として実際の仕事で用いられるデータやインタビュー内容などを使い
分析や提案などを行う物で
社員が交渉やインタビューなどに参加する「ロールプレイング形式」では
具体的な仕事の内容を体感できる。
8割が選考、1割が内定に繋がるようです。

■スキルアップ型セミナー■
ロジカルシンキングやグループディスカッションなど
学生のスキルアップに貢献するタイプのセミナー。
学生同士が会話や議論を交わすため、
人事担当者は、学生個人の日頃の言動や考え方などをチェックしています。

ロジカルシンキングセミナーは、
少人数のグループに分かれ
与えられたテーマや道具を使い、限られた時間で問題解決方法を導き出す
ロジカルシンキング(論理的思考力)を身に付けるタイプのセミナーになります。


Copyright 2013 セミナーの受け方教えます!. All rights reserved.